リスクの小さい方へ

任意整理という言葉は一般に負債整理とも言われていて、おのおのの債権を有する者へ返金を行うことを前置きとした借金を整理していく形なのです。

 

実際としての流れですが、債務処理経験のある司法書士もしくは弁護士有資格者貸方と借り手の仲介をして示談し利息に関する法律に照らしながら利息の適用し直しを実行して新たに計算しなおした借りたお金の元金についての利子を少なくすることによって3年ほどの時間をめどに返済を行う借金整理対策です。

 

任意整理には裁判所のような機関が口出しすることはないのでこれ以外の処理と比べても採用した場合のリスクが小さく、手順そのものが債務者にほとんど圧力にならないことからここから考慮することをお勧めするモデルということになります。

 

また、債権者が街金みたいな法外な借入金利ならば利息を制限した法律で決まっている利子以上に振り込んだ利息に関しては借入金の元金に充当するとして元金自体をカットすることだってできます。

 

なので、ヤミ金業者に類する大変高額な年利を取るところへ長い間返している例では予想以上の利息分をカットすることができる場合もあり10年以上続けて返してきたケースでは借金そのものが消滅する場合もあります。

 

債務の整理の良いところについてですが、自己破産手続きと違い一定の借金だけを整理していくことが可能なため、他の保証人が関連する借入金を別として手続きをする時や自動車ローン以外だけを整理したい際等でも活用することも可能ですし、全ての資産を手放す必要がないため投資信託や土地などの自分名義の財産を持っているものの処分したくない状況においても活用できる借金整理の手続きになるでしょう。

 

ただ、手続きを取った後返済する額と実際に可能な所得をかんがみて完済が見通せるようである場合はこの方法で手続きを取ることが可能ですが、破産手続きとは違って借金そのものがなくなってしまうという意味ではありませんので総量がかなりになるような場合は実際問題として任意での整理の手続きを踏むのは難しくなるということがいえるでしょう。