アルバイトでもキャッシングを利用できるかについて

基本的にアルバイトだけで生計を立てている人は通常のケースに比べてキャッシングの審査に通りにくいと言われています。
なぜ通りにくいかと言いますと、このような方々は年収レベルでの返済能力が測りにくいことと、職業柄、そもそも本当に返済能力があるのかどうか業者側でもいまいち判断しにくいからです。
もし仮に業者側から実際に融資したとしても、その後勤め先を簡単に変えてしまい、それによって結果的に収入が不安定になってしまったりすると、融資した業者側としても今後の返済能力を疑問視してしまいます。
それとは逆に同じアルバイトでも一つの勤め先に長く勤めていて、この先も定期収入が得られそうな人には融資してもいいと判断するのです。
このことから、このような職種の人がキャッシングの審査に通りやすくなるのには、勤め先を転々とするのではなくなるべく一箇所で長く勤務をし、定期収入がありますよ、という姿勢を見せる必要があるのです。

こちらで無職キャッシングMC36について書かれていますので参考にして下さい。